塾専用コミュニケーション &業務管理システム

第1回Comiruユーザー会レポート(2019年9月18日/東京)

2019年9月18日、Comiruユーザーの先生方にお集りいただき、第1回Comiruユーザー会を開催しました。その様子の一部をご紹介します。

Comiruユーザー会とは?

Comiruユーザー会は、ユーザーの塾・スクール運営に携わる先生方が、よりよいスクール運営をともに考えるコミュニティーを目指して企画されました。
第1回目となる今回は、Comiruが大切にしていることのひとつ、「保護者コミュニケーション」をテーマにお集りいただきました。
Comiruを使って、どんな保護者コミュニケーションを取っている?、こんな時はどうしている?といった先生方の悩みや質問をもとに、色々な取り組みが紹介されました。
ご参加いただきました先生方、ありがとうございました!

参加者様のアンケートより

参加様の声を一部ご紹介させていただきます。

""(指導報告書の)理解度機能、アンケート機能、予約管理、座席管理、口座振替… 使っていない機能が山ほどあったことが再発見できました。""

""お知らせをブログのように使われている先生もいて、とても参考になりました。""

オープニングトーク

株式会社POPER代表の栗原より、オープニングトークとして、Comiruが現在提供できるようになった多くの機能開発に至るまでのサービスづくりや、初期からご利用いただいてきたユーザー様との歩みについてお話させていただきました。

事前アンケート結果

今回のユーザー会を開催するにあたって、事前に先生方にアンケート調査をさせていただきました。
他塾の先生方と情報交換をしたり、取り組み事例を聞いたりするなら、どんなテーマに関心があるかを伺ったところ、半数近くの方が「退会を防止するための保護者コミュニケーション」を挙げました。

(回答人数113名、複数回答可)
退会に至るまでの保護者とのコミュニケーションに課題が多いようです。
実際に今回のユーザー会でも、Comiruを導入して「クレームが減った」「急な退会がなくなった」という効果があったという事例が紹介されました。コミュニケーション改善に、Comiruへの期待も高まっています。

事例紹介・パネルディスカッション

今回は、Comiruのサービス開始当時からお使いいただいている、学研CAIスクール港中央校の我妻先生に、Comiruの活用事例をご紹介いただきました。
お知らせ、指導報告書、請求書、成績管理、お問い合わせ、など多数の機能を利用しています。
導入当時は、お知らせ機能のみを使っていましたが、徐々に利用機能を増やして、保護者との接点も増えていったそうです。

お知らせ

 ・学校ごとのグループ配信で、定期テスト対策講座や情報をお知らせ
 ・アンケート機能を使って、講習や模試の申込を受付・管理
 →生徒への手渡しでは、保護者に到達しづらかったお知らせを確実に届けられるように

指導報告書

 ・コメント欄を活用して、講師が一人一人にカスタマイズした指導報告書を送信
 →送信前に校長が確認し、校長からコメントでフォローアップ

成績管理

 ・保護者側から入力できる機能を使って、学校のテストの点数を回収
 →7割以上をComiruで回収でき、回収の手間を削減
 →保護者と成績を共有することで、成績アップの相談がスムーズに

パネルディスカッションでは、事前に先生方からいただいた質問内容をもとにお話を伺いました。
特に、「指導報告書では、何をどのくらい書いていますか?(時間がかかってしまいます・・)」といった事前質問が多かったのですが、送る頻度や使っている項目は様々でした。

グループシェア

3~4名に分かれて、各塾でのComiruの活用方法や、塾運営の悩みなどを共有していただきました。
「こういうのもあったらいいよね」とComiruに対して新たな機能や改善のご要望もたくさんいただきました。

Comiru新機能のご案内

まもなくリリースされる新機能「予約管理」機能をご紹介させていただきました。
保護者面談の日程調整やイベントの参加申込がComiruで簡単に設定できます。これまで多数のご要望をいただいていた機能ということもあり、早速使ってみたいというお声をいただきました。

Comiruをどのように使って、保護者とどんなコミュニケーションを取っているか、どんな塾運営をしているのか、他塾の先生方と共有する機会を通じて、お役立ていただきたいと思っています。

次回以降もテーマや形式を変えて開催予定です。皆様がお持ちの多様なナレッジをぜひお寄せください。

トップへ